昭和37年4月2日から昭和54年4月1日に間に生まれた男性に対する風しん抗体検査・予防接種について|岡山県倉敷市の内科「おおしも内科」

昭和37年4月2日から昭和54年4月1日に間に生まれた男性に対する風しん抗体検査・予防接種について|岡山県倉敷市の内科「おおしも内科」

  • 0864762630

    診療時間 8:30~12:00 / 15:00~18:30

    休診日 木曜午後・土曜午後・日曜日・祝日

新着情報

昭和37年4月2日から昭和54年4月1日に間に生まれた男性に対する風しん抗体検査・予防接種について

風しんの予防接種は、現在、予防接種に基づき公的に行われています。
しかし、公的に予防接種を受ける機会がなかった昭和37年4月2日から昭和54年4月1日に産まれた男性は抗体保有率が他の世代に比べて低く(約80%)なっています。そのため、2022年3月31日までの3年間に限り、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性を対象に、市区町村からクーポン券が送られます。
対象者の方には、クーポン券を利用して、まず抗体検査を受けていただき、抗体検査の結果、十分な量の抗体がない方は、定期接種の対象となります。

 

○定期の健康診断の機会に風しんの抗体検査を受けることが可能です。
抗体検査は特定健診や職場での定期健診を受ける時に、市区町村事業による風しんの抗体検査を併せて受けることができます。
定期健診の際には
1.クーポン券
2.本人確認書類
の2点を必ずお持ちください。

 

○予防接種までのながれ
風しん抗体検査において、風しんの対する免疫が十分でないと判断された場合、予防接種を受けることを検討してください。
予防接種を受けられる場合には、
1.クーポン券
2.抗体検査の結果
3.本人確認書類
の3点を必ずお持ちください。

ページトップへ戻る