気管支喘息の診断ツールである呼気一酸化窒素(NO)濃度が測定できるようになりました|岡山県倉敷市の内科「おおしも内科」

気管支喘息の診断ツールである呼気一酸化窒素(NO)濃度が測定できるようになりました|岡山県倉敷市の内科「おおしも内科」

  • 0864762630

    診療時間 8:30~12:00 / 15:00~18:30

    休診日 木曜午後・土曜午後・日曜日・祝日

新着情報

気管支喘息の診断ツールである呼気一酸化窒素(NO)濃度が測定できるようになりました

喘息の病態は多様ですが、気道の慢性炎症は一貫した特徴であり、治療の主たる標的となっています。
非侵襲的、リアルタイムに測定が可能な呼気中の一酸化窒素(nitric oxide; NO)は下気道の好酸球を反映するバイオマーカーです。喘息を疑わせる呼吸器症状に加え、気道炎症の存在は喘息の診断を支持し、さらにステロイド薬の反応性の予測にも有用とされます。
当院において呼気NO濃度の測定が可能となりましたので、喘息症状が疑われる方や喘息の治療中の方に呼気NO検査を受けられることをおすすめします。

ページトップへ戻る