高血圧の降圧目標がこれまでより低めになりました。|岡山県倉敷市の内科「おおしも内科」

高血圧の降圧目標がこれまでより低めになりました。|岡山県倉敷市の内科「おおしも内科」

  • 0864762630

    診療時間 8:30~12:00 / 15:00~18:30

    休診日 木曜午後・土曜午後・日曜日・祝日

新着情報

高血圧の降圧目標がこれまでより低めになりました。

我が国では約4300万人(男性24.1%、女性20.1%)の高血圧患者は存在し、適切にコントロールされているのはわずか1200万人で、残りの3100万人は適切にコントロールされていません。高血圧は、脳心血管病発症の最大の危険因子で、降圧療法により、脳血管障害を約40%、心筋梗塞を約20%減少することが証明されています。降圧目標を120 mmHg未満と、140mmHg未満のグループにわけて経過を追ったところ、120mmHg未満のグループは脳心血管病が25%、死亡率は27%低い結果が得られ、80歳以上を対象にした研究でも150mmHg未満にすると脳血管障害の発症は34%、死亡率は21%減少したと報告されました。高齢者の降圧目標を厳しくする科学的な根拠があると判断され、2019年に日本で高血圧治療ガイドラインが改定され、降圧目標値が引き下げられました。

降圧目標は75歳未満で130/80mmHg (家庭血圧125/75)、75歳以上 140/90 (家庭血圧135/85)となっています。

 

参考

○高血圧の基準

・仮面高血圧:自宅は高く、診察室では低い 危険度高い
・白衣高血圧:自宅は低く、診察室では高い

 

○原因;遺伝・塩分摂取・肥満・糖尿病・ストレス・喫煙、他には睡眠不足・寒冷・排便時のいきみ・過剰飲酒(飲酒後血圧は低下するが飲みすぎで翌朝血圧上昇)

・本態性高血圧
・二次性高血圧;睡眠時無呼吸症候群(二次性高血圧では一番多い、重症高血圧では80%)、腎血管性高血圧・原発性アルドステロン庄(高血圧の約10%)

○高血圧放置すると 心筋梗塞・脳卒中・腎障害・心不全・認知症 要介護の原因疾患となる脳血管障害、認知症に関わる(約40%を占める)

○治療
生活習慣;禁煙・運動・良眠・ストレスを避ける(深呼吸、合谷というつぼ;親指と人差し指の間を1日3回程度押す、急がない、慌てない、心配しすぎない)、防寒;寒い冬の朝の外出注意 (寒暖差)、朝はネックウォーマーやコート、外出する30分前に着替え、首など暖めておく、帰宅後も部屋が暖まるまで着衣、夜のトイレはカーディガンやスリッパで、男性は便座に座って排尿で血圧上昇抑制)

食事療法;塩分制限 (塩分摂取量目標 6g/日、しょう・ソース・加工品・漬物控える・ラーメン・うどんの汁飲まない・だしや酢を用い工夫)、カリウム摂取(野菜や果物)、アルコール制限

薬物療法;カルシウム拮抗剤、ARB;アンジオテンシン受容体拮抗剤、サイアザイド系利尿剤など

ページトップへ戻る